技術職

ソリューション技術本部 システムソリューション部

武藤 拓也 むとう たくや

2005年入社 工学研究科学部情報工学科卒

学生時代の経験を活かして

学生時代は電子情報工学を専攻し、FPGA(あとで説明します)というLSIを使用した研究をしていました。就職活動中に参加した合同企業説明会の富士通エレクトロニクスのブースで、「これからはFPGAの時代になる」という話を聞くことができたこと、そしてブースにいた社員の方々もはつらつとしており、是非、この会社に入りたいなと思いました。
入社後は希望通り、最初から開発の部署に配属されました。現在はプロ用機器に内蔵されるインターフェイス変換モジュール(FPGAを使用した変換ボード)の開発を行っています。FPGA(Field Programmable Gate Array)は、機能が最初から決まっている普通のLSIと違って、必要とする機能を自由にプログラミングできるフレキシブルなLSIです。どんな機能も搭載でき、何度でも書き換えられますので、市場投入を急いでいたり、早く試作品を作りたいときなどに最適なLSIです。私は、このFPGAを使って、機器をパソコンで操作できるようにするための変換ボードを開発しています。具体的な作業としては、お客様が要求するサイズに基づいた回路や基板の設計、論理設計やドライバ作りなどです。

エレクトロニクス商社のエンジニアとして

当社はエレクトロクス商社ですので、営業寄りのイメージが強いかもしれませんが、エンジニアが営業部門と一緒にお客様の新製品開発プロジェクトに参加し、技術面でのサポートを行っています。当社には、お客様の要望を叶えるための最適なコンセプトを提案し設計する力がありますので、バリバリの理系出身者も充分に活躍するフィールドがあります。
開発プロセスには、求められている機能を実現するという以外にも多くの課題をクリアしていかなければなりません。例えば、製品というのはサイズが決まっており、お客様より「ここに入る変換ボードを作ってほしい」と要求されるわけです。そのサイズにどのようにして部品を搭載するかというのも、技術の見せどころの一つです。また、富士通グループ各社にも協力してもらい、それぞれがこれまでに培った技術ノウハウを持ち寄って、ディスカッションを重ねながら最適な解を見つけ出していくプロセスはとてもエキサイティングです。そして、実際に課題を解決できて、製品が完成し、市場に出回っているのを見たときには、大きな充実感があります。特に半導体は、製品のどこに使われているか外から見えませんが、実際にエンドユーザーが使う製品の開発に携われるのは、エンジニアとしてとても楽しいものです。
以前、開発に関わった製品が家電量販店で売られていて、その製品を手に取った人が「これ、いいね~」と言っていた場面に遭遇したことがあり、忘れられない出来事になりました。

世界にないものを、自分の手で生み出したい

エンジニアとしては、「この世の中にないものを作りたい、最先端の技術を習得したい」という夢があります。これまで富士通エレクトロニクスでやったことのないような開発にも、果敢にトライしていきたいです。一度作ってしまえば、富士通エレクトロニクスの製品として他のジャンルにも横展開でき、様々なビジネスへ広がっていけば、売上実績につながり、確実に会社にも貢献できます。
また、特に最近は、「2020年の東京オリンピックに技術者として関わる仕事をする」という目標があります。日本で開催するからには、使用する機器もALL JAPANで、富士通エレクトロニクスの技術力、日本の技術力を感動と共に世界中にアピールできたらいいなと思っています。

ある一日のスケジュール


車載ビジネス統括部
2006年入社
第一営業統括部
2003年入社
第二営業統括部
2002年入社
海外営業推進統括部
2015年入社
第二営業統括部
2002年入社
IoTビジネス推進部
2012年入社